異論は認める

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋月電子のファンクションジェネレータキットを作ってみた その2

<<   作成日時 : 2011/05/15 10:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

続きです)

画像
 今度こそできた! (・∀・)

 とりあえず簡易的に、電源ジャックからケーブルを伸ばして基板に電源供給。
 電源スイッチ付き。
 今回は12VのACアダプターがあったのでそれを使用。

 因みにこのキット、電源はDC10V〜26Vをぶちこんでやらないといけない。

 信号の出力も、簡易的に抵抗の足を半田付けしてやった。これにオシロのプローブをくっつけて波形を観察する。
画像


 このキットは色々機能があるが、今回はデューティ比50%固定モードで動作させた。デューティ比可変もジャンパーの入れ替えだけ。
 サイン波と三角波は切り換え式で、矩形波はパラレルで出力される。

画像
 おお〜ばっちりじゃん。

 多回転の可変抵抗で周波数を調節するのだが、美味しいエリアを通り過ぎると波形がなまる。
 その場合はコンデンサ(ピンソケットで取り替えられる)を変えてやると良いみたい。

 また振幅を大きくしすぎると歪む。
 これは電源電圧を高くすれば解決するかもしれない。

 試しにジャンク箱から圧電スピーカーを掘り出して出力につないでみた。
画像

 三角波だと蚊の鳴くような音だ。サイン波だとさらに小さい。
 増幅するか共鳴体をくっつけないとだめかな。
 矩形波は振幅が他よりあるので結構聞こえる。

 周波数を変えると当然音程も変わる。可変抵抗を回して変化させるのでなめらかに音程が上下する。

 テルミンみたいだね(嫁談)

---

 あーやっぱり工作は面白いわ。
 また秋葉原に行きたくなってきた。ここのところ行ってないからなあ。

 しかし子供を連れてとなるとなかなか行きづらい。
 下の子がもうちょっと大きくなってからかな。
 湘南から東京(千代田区)は遠すぎるというのも大きいのだけれど。

 通販は確かに便利だ。
 でも秋葉原の部品屋さんを回るあのワクワク感が好きなんだなあ。

一部本文修正、画像を追加しました(2011/5/15)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
秋月電子のファンクションジェネレータキットを作ってみた その2 異論は認める/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる