異論は認める

アクセスカウンタ

zoom RSS メモリーのキャッシュを解放してすっきりしよう @Linux その1

<<   作成日時 : 2012/03/02 00:23   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 Linuxを入れてる宅パソは10年モノの古いマシンで、今の目で見ると大変プアな資源しかもたぬがそれでもそれなりに使えてはいる。
 ただ最近Inkscapeなんかを使ったりすることが多くなり、グラフィック系がきついことが明らかになってきたのでそろそろ買い替えようかとも思っている。
 どうせ買うならそれなりのものを買いたいので、小遣いを節約してヘソクリを積み立てているところである。
 ただ、新マシンはまだしばらく先になりそうなので、少しでも現行マシンを延命させる方策を考えねばならない。

 とりあえず、手っ取り早くメモリの容量を増やしたいのだが、今では滅多にお目にかかれないRDRAMで入手が困難である。そしてなにより高価だ!
 数年前に増設したときも散々探してやっと見つけた。おまけに高価だったので相当妥協した。今ならもっと大変なのではないかと思う。でもどうせお金をかけるなら新しいPCを買ったほうがいいじゃん、という結論にどうしてもなってしまう。
 軽〜く調べたところ、欲しいスペックのものは最低でも1万数千円ほどするみたい。うーん、高い。そこまでして増設しなくてもいいかな… (;´Д`)

 ならば、せめてメモリをもうちょっと効率的に使えるようにはできぬものかと考え、調べ、そして見つけた。

 それが大体一年ほど前のこと。随分前なので元ネタがどこのサイトか忘れてしまった。(;^ω^)
 今回改めて調べてみたら結構色々な人が同様の記事を書いている。

 で、どーするのかというと、以下の通りシェルにコマンドを3回ぶち込んでやるのである。
$ sudo sync
$ sudo sysctl -w vm.drop_caches=3
$ sudo sysctl -w vm.drop_caches=0
 どれも管理者権限が必須なのでsudoが頭についている。
 実行すると、メモリに溜まったキャッシュをきれいさっぱり解放してくれる。

 これの動作について解説してくれてるサイトがあったのでご紹介。参考まで。

 我思うゆえに我あり I think therefore I am : Gentoo キャッシュ 解放 sync sysctl カーネルパラメータ 
 http://proof.exblog.jp/6358823/

---

 いちいちコマンドをタイプするのは面倒なので、このようにbashのエイリアスを ~/.bashrc に書いた。
alias mcln='sudo sync && sudo sysctl -w vm.drop_caches=3 && sudo sysctl -w vm.drop_caches=0'

 しかしこれでも面倒だ。いちいちターミナルを立ち上げてエイリアスを入力してパスワードを打ち込まなければならない。最初は、しゃーねーかと思っていたのだが、段々面倒になり1年を経て我慢の限界が来た。

 そこで、この3つを実行し、パスワードを自動で入力するスクリプトを作ってみることにしたのだが、これが上手くいかない。
 Pythonのsubprocessモジュールや、pexpectモジュール、またexpectコマンドなんかも試してみたがイマイチである。

 考えてみると、この方法ではどこかに(スクリプトのソースにしても外部ファイルに記述するにしても)生のパスワードが書かれることになるので、ビューティフルじゃないし、セーフティでもない。

 うーん、駄目だ。
 そこで発想を転換して、これに使うコマンドだけはパスワード無しで実行できるように考えてみた。

 最初はsudoに何らかのオプションでパスワードを渡せるのではないかと思ったが、んなことすればログに残るのでパスワードの意味がない。当然sudoにそんなオプションは無かった。
 考え浅いなあ。我ながら (´・ω・`)

(続きます)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
メモリーのキャッシュを解放してすっきりしよう @Linux その1 異論は認める/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる