第168回TOEIC公開テストを受験してきた

画像

 前々回、前回、今回と会場が全く違う場所である。で、今回は最寄り駅からバスに揺られて30分ほどの場所。
 早く申し込みしたから近くの会場に割り当てられる、というものでもないらしい。よく分からん。TOEICは謎が多いのう。単純に開場がおさえられなかっただけなのかもしれないけど。

 バス亭につくとTOEICの係員の人が「TOEIC試験会場行きバスはこちら」みたいな札を持って立っていた。この寒いのに大変ご苦労なことである。バスの乗客はほぼ全員TOEIC受験者らしかった。

 バスが着いたのは会場の30分ほど前であった。既に会場の周りには受験者たちがいっぱいいて、開場を待っている。暇つぶしに少しその辺をぶらぶら歩いて、その後会場入口近くのベンチに座って開場を待つことにした。
 結構寒い。考えてみると基本的に開場までは建物の外で待たされる訳だ。真夏や真冬の受験は厳しいぜ。これからは受験の季節も計算に入れにゃ~なあ。体調崩すと大変だからね。

 ようやく待ちに待った開場となり、ぞろぞろと受験者の群れ(自分含む)が入口から中へと進む。

 いつもと同様、受験票には写真を貼っているので強気で健康保険証を出したら、受付のねーちゃんが不慣れなようで、しばらくマニュアルらしき冊子をためつすがめつした挙句隣に座っている係の人に「健康保険証はいいんですよね」と確認して、やっと開放された。
 アルバイトか、それとも新人さんだろうか。はたまたドジっ娘というやつであろうか。まあたまにはよかろう。

---

 今回も、前回同様、Part3とPart4の最後の数問は捨てる作戦で臨むことにした。リスニングの最後の方はどう頑張ったってガタガタになるのでどこかでリセットして立て直さないと最後までガタガタを引きずることになる。それはまずい。

 という訳で諦めがつくよう、マークシートに予め最後の何問か適当に塗りつぶしてしまった。

---

 さあ、いよいよ開始!

 Part1: わりかしいけたかな。前回よりもずっと意味が分かるようになった気がする。いや気がするだけかもしれない (;^ω^)

 Part2: こちらもまあまあかな。でも途中で頭の中で何かが途切れて急にガタガタになりはじめた…それでも食らいついてなんとか最後まで持ち込めた。

 Part3: やばい。かなりやばい。最初のいくつか以外は全く自信がないorz

 Part4: Part3と同様。もしくはそれ以下orz 塗りつぶした最後の数問の分だけ余裕がある。気持ちを切り換えて、他の人はリスニングに向かっている中(こっそり)リーディングセクションに移行。

 Part5: ここで点をとらんでどーする!ということで念入りに…と思ったのが間違いだったかも。完全に時間配分を間違え、せっかく早めに取り組めたのに、結果として残り3パートをやる時間をスポイルすることになってしまった。

 Part6: 意外と分かる問題がちらほらあったので調子にのってゴリゴリやっていったら、さらに時間配分が厳しくなったorz

 Part7: ぐおおおおお、時間がねええええええ
時計を見ると、残り時間35分くらいじゃん:(;゙゚'ω゚'): いや、諦めるな!読むべし!読むべし!明日のために!

 といったところでタイムアップ。
 …丹下のおっさん、真っ白に燃え尽きちまったよ… もう適当に塗り潰す時間もないほど余裕がなかった。 (´;ω;`)

---

 いや~、まだまだ修行が足りんなあ、ということがよく分かったわ。
 あー、多少なりとも点数が上がっててくれれば御の字かな。段々自信がなくなっていくわ。

 テストで一区切りついたことだし、心身共にリセットしてまた明日からちまちま勉強しよう。うん、そうしよう。
 ヽ(´ー`)ノ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック