ゴジラ(1954年版)を観に行った @川崎チネチッタ その1


(画像はチネチッタさんのHPからリンクさせてもらってます)

 川崎チネチッタで、「CINECITTA’名画座」なる企画をやっており、第一作目の「ゴジラ」をやるというので、この日曜に観に行ってきた。
チネチッタ | 毎日新聞×日本映画大学×チネチッタが贈る「CINECITTA’名画座」 第10回『ゴジラ』東宝(株)(1954年)
http://cinecitta.co.jp/sp/meiga/
※上映期間: 1/19(土)~25(金)

 もちろん「ゴジラ」自体は観たことが無い訳じゃないが、当然のことながらビデオによる鑑賞であり、小さなテレビモニターでしか観たことがない。最近(といっても地デジ移行直前だけど)テレビを買い換えて前よりは大画面を楽しめるようになったとは言え怪獣映画は映画館の大スクリーンで観るのが一番と思う訳で、今回のはまさに千載一遇のチャンス!(ちょっと大げさか テヘ)
 それにビデオで観たのは随分前…それこそまだ中高生くらいのこと。改めて観ることによって新たな発見や感慨があるかもしれない。

 ということで、前日にチネチッタのHPで座席を予約。その時点で結構な ─といっても6割くらいかな─ 席が埋まっていた。やはり似たような考えを持つ御仁は多いらしい。いや本当のところは分からんけど。(;^ω^)

---

 当日は子供も一緒に行った。
 正直小学校にあがる前の子供には些か初ゴジはキツいような気もしたが、放り出して行く訳にもいかぬ。

 一応意向を聞いたところ「行く」と言うし、最近はウルトラマンや戦隊・ライダーなんかの映画もちゃんと最後まで座って観れるようになってきた。それに白黒画面も「ウルトラQ」や「快獣ブースカ」の無料配信を楽しんで観ているようなので大丈夫かと思いつれていくことにした。

 川崎には何度も行ったことがあるのだが、チネチッタに行くのは初めてだったりする。正直川崎の街中を歩くこともほとんど無い。よく行くラゾーナ川崎は駅から直結だしな。
 てなわけで余裕をもってちょっと早めに家を出ることにした。朝イチ9:30から始まるので日曜としては早い時間の外出である。

---

 揺られ揺られてJR川崎駅に到着。改札口を出るといつもならラゾーナ川崎に行くので左に曲がるのだが今日は右、東口へ向かう。駅の長いエスカレーターを降りると地下街へのエスカレーター。
 地下街に降りて子供をトイレに行かせたりしつつ出口を出る。しかし…よく分からん。出口を間違ってしまったので当然である。36番から出ようと思ってたのに26番から出てしまった…と気付いたのはしばらく経ってから。

 とりあえず京急の線路から大体の位置を脳内シミュレーションして"大体こっち"の方角へ歩き出した。子供を不安がらせてはならぬ。こういう場合は自分のパワーを信じて飛び込み勇気の光をつかまねばならぬ。

 幸い商店街を抜けると、さいか屋と、その向こうに(そこだけ)シャレオツな一角が見えた。どうやら脳内シミュレーションは合ってたらしい。道路の向こうに地下街への階段があり、そこに「36」と書いてあるではないか。ううむ。なんてこったい。
 ここに至ってやっと自分が何を間違えたかが分かった。(ノ∀`)アチャー

(続きます)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック