円谷英二氏ゆかりの須賀川市を歩いてきた その2

続きです)


 「ここがそうか~」などと思いつつ、大束屋さんに入りコーヒーを飲んだ。
 良い天気で歩き回ったので、水出しアイスコーヒーを注文。美味しゅうございました。

 店内には円谷英二氏や円谷プロゆかりの品が色々展示してあって実に興味深かったけど、別のお客さんもいたのであまりはしゃぐ事もできず、控えめに見させてもらいました。

 ちなみにゴールデンウィーク中は福島空港でのイベントに展示品を貸し出してしまっているとのことで、いつもよりも少なかったみたい。うーん、残念。

---

 大束屋さんの角を曲がって少し行ったところに円谷英二氏の記念碑が建っている。
画像

 とくに案内用の看板などが出ている訳でもなく、大きい通りから入ったところにあるせいか、あまりにひっそりとして静かで、何だか不思議な気持ちになった。アンバランスゾーンに片足を踏み入れてしまったのかもしれない。

 その先に、円谷印刷なる建物があった。そういえば、マラソンの円谷幸吉選手も須賀川市の出身であるというのを今回の旅の下調べのときに初めて知った。円谷家というのはこの辺では大きな家だったのだろうなあ…と勝手な想像をしてしまう。(とは言え当たらずとも遠からずだと思う)

 こういった須賀川市のモニュメントの多くを実現させてきた地元の青年会議所で尽力された鈴木和幸氏のHPには色々と興味深い話が載っていて実に面白く、大変参考になった。
株式会社セルクル代表取締役 鈴木和幸のページ
http://www.cercle.co.jp/blogs/
 ちなみにこの鈴木氏、「特撮の神様と呼ばれた男」の著者である。

(画像は鈴木氏のサイトからリンクさせてもらってます)

 残念な事にまだ読めてないんだけど。(´・ω・`)

---

 その後、長松院というお寺を詣でた。
画像画像
 英一少年(後の英二氏)がよじ登って空を飛ぶことを夢見たという、大銀杏の木がある。
 おそらく当時は高い建物もなかったろうから、さぞや眺めが良かったであろう。

 観光案内にはこの長松院の銀杏がゆかりの木とあったので素直にそっちに行ったのだが、後に前述の鈴木氏のHPを見ると、隣の妙林寺だと書いてあった。ううむ。(;^ω^)

---

 さて、お土産~ ヽ(´ー`)ノ~♪
 本当は、須賀川市と光の国姉妹都市提携一周年記念ピンバッチ(長い)が欲しかったのだが、5/5からの販売ということで断念。
須賀川市オリジナル「ウルトラマンピンバッチ」発売のお知らせ♪ | すかがわ市M78光の町
http://m78-sukagawa.jp/news/1860/


 時間も押していたので須賀川市では特に買い物出来ず。
 うーん、今回はウルトラ関係のお土産なしか~(´・ω・`) …と思いきや、帰りに郡山駅の売店でいいもの見つけちゃいましたwwww

画像
 ご当地ウルトラマン(会津若松にちなんで白虎隊)の根付~♪

 さらにもう一つ、これは我が子のチョイス。
画像
 会津の旗を持ち、赤べこにまたがるバルタンwwww
 最初は独り占めしようと思って、両方買おうと思ってたのだが、子供がバルタンを選んだので、自分はウルトラマンだけにした次第。つまりこの写真は子供から(一時的に)奪って撮影したのであるwwwwサーセンwww

---

 今回は結構観光スケジュールが目白押しで、あまり時間をかけて町歩きをすることは出来なかった。
 我侭でねじこませてもらったのであまり声高に自分の都合をゴリ押しすることも出来ぬ(…意外と遠慮がちな性格なんです。こう見えてもwwwww)。

 流石に遠いので、そうおいそれと足を運ぶ事かなわぬとは思うが、もしまた来る機会があれば、今度はもっとじっくりと思う存分町歩きしたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック