やっと夏が来た?

KIMG1439re(blog190723).JPG ここのところカラリと晴れた空とは無縁だった湘南も、今日は青空が顔を出しました。
 ジメジメした気候や低気圧は心にも重くのしかかってくるのは確かなようでどうにも調子が出ない日々を過ごしていたのですが、青空が見え日が差して明るくなってくると、気持ちも段々と軽くなってきたようではあります。もちろんプラシーボ効果のようなものもあるとは思いますがそれでも気持ちが軽くなるのは良いものです。

 明るくなってくると同時に、外の気温もぐっと高くなったようです。仕事場はエアコンが効いているから良いのですが、屋外の空気に触れるとギャップに驚きます。晴間が出たと言っても決して湿度が低くなった訳ではなく、暑くてじっとりした空気がまとわりつくような感じです。
 それでも青空は良いものです。どうせ同じ気温と湿度なら曇り空よりも青空の方が気分が軽くなります。どうせなら晴れてほしいといつも思っているのです。

DSC06764re(blog190723).JPG
 ただ、ジメジメでどんよりした日でもとりあえず毎日写真は撮れてます。
 良い写真というのは何なのか正直よく分からないのですが、「これは良い!」と思ったその時の気持ちのままに撮ってます。それが良い写真になるかどうかは実はあまり考えてません。
 ただ、ファインダーを覗いた時にイメージと違うなと思って撮るのをやめる場合は確かにあります。とは言え「これを表現したいからこのイメージがある」みたいな確固たるものがある訳でもないのです。「これは良い!」という思いがシャッターを切る瞬間まで持続したという記録と言えるのかもしれません。

 どんより空の下では心が重く、重いがゆえに心の機微も鈍くなります。俗に言う「テンションが低い」ってやつです。
 それでも一日のうち決して長くはない写真撮影時間(大概は朝や夕方)のうちに「これは良い!」と思い、かつシャッターを切るまでそれが持続したのが少なくとも一回はあるという事実からすると、どうやら私の心はまだ腐りきらずに済んでいるようです。

 天気予報を見ると今週から段々と晴れの比率が高くなり暑くなっていくようです。
 長かった梅雨が明けてやっと夏が来たということでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント