"note" 二作目、やっとリリースできました

 前作から丸2ヶ月かかりましたが、ようやく、よ~うやく note に作品をリリースできました。
「フェルト・ゼネコン・マーラ 」
https://note.com/kengpong/n/nc719790df7ff
 それなりに反省点もあるけど、まずはリリースできたのがめでたい。やっぱり折角作り上げた物語、世に出してやらねば勿体無いではないか。(例え誰も読まなかったとしても、ね...orz)

 いや~、気付けば12月も半ばですよ。結構長引いちゃったねえ~。
 まず、どうしてこの三題を選んだのか。すなわち「フェルト」「ゼネコン」「マーラ」と突拍子もない、本当に何の脈絡も感じられない三つの単語。
 もちろん自分がセレクトした訳ではなく、例によってテーマセレクト用スクリプト(自作)の成せる技なのであります。
 実を言うとこれに決まるまで何度かガラガラポンしたのね。で、今回のが一番マシかな、と思ってこれを選んだですよ。

 このスクリプトについては、まだちょっと課題があるので、その辺解決したら晒すつもりです。概要としてはテキストファイル(辞書)群からランダムに単語をセレクトして標準出力に放り出す、というシンプルなものですが、そんなシンプルなブツでもやっぱり何かしら問題が起こるのがどうにも不条理であります。

 で、最初の構想では主人公をアルゼンチンに行かせるつもりだったのです。マーラを出したいばかりに……(;^ω^)
 しかしスケッチ的に試し書きしたり、頭の中で組み立ててるうちに、どんどんウソくさくなってきたので一遍全部捨ててまっさらにしてイチから考え直しました。結果的にはこれは良かったとは思ってますが大幅に遅れる原因となりました。
 ぶっちゃけアルゼンチンなんて行った事も無いし写真やテレビで見るくらいで現地の雰囲気などはさっぱり分からない。それなら初めから想像上の異世界の方がずっと楽です。
 しかし今回は、ガッツリ「マーラ」という実在の動物がテーマの一つなので異世界に転生させる事も出来ず往生したのでありました(チーン)

 つーことでまたイチから練り直し! それでも搾れば出てくるもので、ストーリーのアウトラインはまあまあ早いうちに出来たのですが、細かい肉付け作業が大変難航しましたね。途中で話もちょっと変えちゃったし。
 紆余曲折あって、12月の初旬くらいにやっとこさ最後までこぎつけましたが、気付けばすっごい長くなってた!/(^o^)\ナンテコッタイ
 推敲しようと読んでもモニターとにらめっこしてるうちに目がチカチカして嫌になってしまう。最後にブチ切れて紙にプリントアウトしたらこれが何枚刷られるの?ってくらいに刷られる。自分で書いといてなんですけどちょっとビビりました。
 プリントアウトしたのを読んだらこれが読みやすい! やっぱりワイは紙の本派だな、と改めて思ったのでした。

 ま、そんなこんなで頑張って書きました。興味が湧きましたら読んでいただければ幸いです。よろしゅう頼んます。ヽ(´ー`)ノ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント