Konica C35 E&L(その3)


(続きです)


 そんなこんなでE&Lを愛用しておる訳なのだけども、そこは所詮ジャンク箱にあったのをレストアしたブツであり、これまで使ってきた上で全く問題なしの順風満帆!という訳では決して無かった。
 でもそういったトラブルについて記すのも決して無駄ではなかろうと思うので思い出せる範囲で書いておこう。
 E&Lを入手してはみたもののトラブって困ってる人もあろう。拙稿が問題解決のヒントになればもっけの幸いであります。

・トラブルその1 露出計が動かない!
 これはC35の初期4機種(初代、フラッシュマチック、E&L、FD)に共通の持病であり、泣き所。電池ボックスの作りが甘く、電極が外れてショートしてしまう。また当時の水銀電池が液漏れすると電解液が配線を腐食させてしまう。場合によっては配線材を全とっかえしなければならないケースもあるらしい。
 ジャンク箱にあったE&Lも例外ではなく、電池を入れても露出計の針はウンともスンとも言わぬ。底ブタを外して電池ボックスを見ると電極は外れて配線は腐食しており、いじってるうちに半田付けの箇所で線が千切れてしまった。(ノ∀`)アチャー

 まずは電池ボックスの修繕から。外れた電極は接着してやれば良いだけなのでさほど難しくもないのだけど、+と-の電極が交差するような作りになっていて電極同士が触らないようにする仕掛けがないので何かの拍子にショートする可能性がある。そこで配線材の半田付け後に電極の間にアセテートテープを積層させて挟み、さらに巻くような形にして絶縁を確保してやった。
 次に配線材を改めて半田付けしてやろうと思ったのだけどこれがまた一苦労。腐食した線にはまったく半田が乗らない。まるで水と油のように半田を弾く。配線材の腐食は途中までのようだったので、悪い部分を切り捨て、その分を新しい配線材と挿げ替えてやった。
 困ったことに電池ボックスの電極にも半田が乗らなかった。こういう場合表面が酸化して膜のようになってる事が多いので、電極にペーストを塗りたくり半田ゴテで半田を溶かしながら電極の表面を擦るようにしたらやっと乗ってくれた。

 一連の作業の後、電池を入れたら露出計の針が動いてくれて一安心。
最終的にこんな感じになりました
 ところが話は終わらない。後述の "シャッターが切れない事件" の解決後に残ったフィルムを詰め直して何枚か撮ったらまた露出計の針が動かなくなってしまった。
 フィルムを詰めてしまったのでバラせない。どーしたものか……と頭を捻って考え出したのが、フラッシュモードで撮る、というものだった。E&LのフラッシュモードはGNに合わせて絞りを操作出来る(シャッタースピードは1/25固定)ので明るさに応じて絞りを開閉してやりゃいいじゃん、という感じ。これは意外と撮影の可能性を広げる発明(?)であった。詳しくは次稿で書きます。
 ちなみにこの時は電池切れと電極の汚れによる接点不良が原因だった。現在は快調に動いてます。

・トラブルその2 ファインダーの表示が見えない!
 露出計が動くようになったのは良いのだけど、ファインダーを覗くと針も露出値の表示もよく見えない。


 ファインダーをバラしてみると、採光窓から入ってくる光を反射するハーフミラーの表面が腐食していた。

 腐食は片側の縁の辺りだけだったので、逆さまにして取り付け直したら問題なく使えるようになった。今度は枠の方が見えなくなってしまう可能性もあったけど、幸い大丈夫だった。(・∀・)

・トラブルその3 巻き上げレバーが割れた!
 ある日、フィルムを詰めてピクニックに持ち出した。最初の数枚目までは快調に撮影できた。が、その数枚目のレリーズの後、巻き上げたら「バリバリッ!」……いや「ジャリジャリッ!」の方が近いかな……という感触が。
 何事かとカメラを見ると、巻き上げレバーがプラプラしてる。これはヤバいと悟り、そっとカバンに仕舞った。

 帰宅後に恐る恐る見てみると、ものの見事に巻き上げレバーが割れていた。
この有様…… orz
 見たところこの巻き上げレバー、プラスチックのようだ。いくらコスト削減の為とは言え一番使用頻度が高く力が加わる部品がプラスチックというのはどうかと思う。コニカ製品は意外とこういう系のチグハグさをよく見る気がする。良いカメラが多いのに惜しい。(´・ω・`)
 それはともかく、このままだと巻き上げが出来ない。まだフィルムはいっぱい残ってるのでこのままではいけない。
 しょうがないのでヤフオクでジャンク扱いで安~く出品されていたE&Lを落札し、その巻き上げレバーを移植する事にした。

 ところがレバーを取り外してみると様子がちょっと違う。まずレバーの下にいる金具の形が違うのに気づいた。おや?と思って巻き上げレバーの裏側を見ると、金具が嵌る溝も金具の形に合わせて変えられている。
 レバーが割れたブツのS/Nは22万番台、落札したブツのそれは44万番台で製造時期がかなり違う。つまりこれらの差異は巻き上げレバー割れ問題の対策なのではないかと思う。微妙に形も違うっぽいので、新規に金型を起こしたのだろうか。もしかしたら材質も違うのかもしれない(確認してないけど)。
 さっきはチグハグと書いたけど、こういう所を見ると真面目なメーカーだった事も伺える。
 もちろん同じE&Lなので部品の互換性は確保されている。交換したらちゃんと巻き上げできるようになり、無事フィルム一本撮り切る事が出来た。

 この頃にはE&Lの使い勝手と写りに惚れ込み、是非愛用したいという意思は固まっていたが、巻き上げレバーはやっぱり不安だ。
 それにもう一台のE&Lだって直せば蘇ると思うのでもったいない。巻き上げできないカメラは文鎮にするしかないではないか。
 何とか巻き上げレバーだけ何かから流用できないだろうか……そう思って模索してたら C35 EF(ピッカリコニカ)の部品をバラしてヤフオクに出品している人を見つけた。その出品物の中に巻き上げレバー(と下の金具)もあった。何とタイムリー。すこぶるラッキー。是非もない、サクっと落札した。
巻き上げレバーと金具。(左から)割れてしまった22万番台のE&L、44万番台のE&L、EF
 EFの巻き上げレバーは金属製で強度は申し分ない。互換性はきちんと確認してはいなかったけど現物合わせしたら大丈夫だった。やったね。(・∀・)

 つーことで今はこんな感じであります。
 銀(クローム)のボディに黒いレバーの取り合わせ。意外と悪くない。

・トラブルその4 巻き上げてもシャッターが切れない!
 その日も快調にバーチバチ撮っていたのだけど、突然シャッターボタンを押してもシャッターが切れなくなった。
 何回巻き上げしても空回りしてるみたいで、シャッターが切れない。ううむ。(´Д`)

 この時入ってたフィルムは何枚か撮ってしまったものの、どれだけ撮ったか分からないし良い考えも浮かばなかったのでこの日撮った写真は諦めて、裏蓋を開けてフィルムは切ってしまった。パトローネに残ったフィルムを生かす方向で考えたという訳。

 底ブタを開けて何度か巻き上げ動作を繰り返してみると、シャッターのチャージをするためのクランクが動いていない事が分かった。調べてみると巻き上げ軸とクランクシャフトを固定するネジ(ボディ端の方にある扇のような形をした部品のプラスネジ)が緩んでいた。

 このネジをしっかり締めると、果たせるかなチャージできるようになった。v( ̄Д ̄)v イエイ
 もちろんこのままだとまた緩んでしまいそうなので、万全を期してネジ止め材を塗布してやった。

 しかしこの部分は如何にも緩みやすそうな作りだ。発売当時トラブルが連発したのではないか……と思うけどそういう話はネットで調べた限りでは全くと言って良いほど見かけない。
 何か違うのかと思い、前述の "巻き上げレバー割れ事件" の時に新しく入手したブツの底ブタを開けてみた。

 すると、ネジの部分に緩み止めがしてあった。おそらくエポキシ系の接着剤だと思う。なるほど、これまた対策がなされたという訳だあね。

 トラブルとは直接関係ないけどチャージする為のクランク、新しい方が明らかに簡易な作りになっている。コスト削減策かな。問題点への対策で上がったコストの分だけ、どこかしらにコスト削減策も盛り込まれてるって事かな。

・トラブルその5 レンズ内にゴミが入ってる!
 買った当初からレンズに関しては大変綺麗でバラして掃除する必要は無かった。ラッキーである。と言うのも下手にバラすとフォーカス調整が大変になってしまうだろう事が容易に想像できたからである。E&Lにはバルブが無いものだから。(´Д`)
 ある時、違和感を感じてレンズをよく見てみると、小さな黒い点のようなものがレンズの内側に居るのに気づいた。黒い点は、おそらくモルトのクズだと思われる。よく掃除したと思ったのだけど入り込んでしまっていたか。
 バルブの無いカメラの場合、シャッターが開いているうちにテレフォンカードの切れ端だかマッチの軸だかを差し込んでシャッターにつっかえ棒をする、みたいなテクニックがあるらしい。が、変なものを突っ込んでシャッターの羽を変形させてしまわないか心配でそれもする気が起きない。もうイチかバチかという感じだけど作戦を立てて実行した。

1)最もスローにシャッターを切れるフラッシュモード(の、GNが最も小さい所。絞りが開放になるので)にリングを合わせる。
2)裏蓋を開けたままで、エアーブロワーをフィルム室に差し入れ、シャッターに向ける。
3)シャッターボタンを押して、シャッターが開いた瞬間にエアーブロワーをものすごい勢いで何度も握り、レンズに風を送り込む。

 そんなプリミティブな方法で大丈夫かいな……と思われたかもしれないけど、これが意外なほど上手くいった。(;^ω^)
 幸いこびりつくような汚れではないし、またレンズ玉の間の汚れでも無かったのでモルトのクズはどこかに飛んでいってレンズは無事スッキリ。良かった良かった。

---

 こういった諸々のトラブルを乗り越えて、より愛着が湧いた部分もある。なのでこれからも愛用し使い倒す所存であります。
 よろしくね、E&Lくん! (・∀・)ノ[◎]


(続きます)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント