新しいチャレンジについて。

 新しいチャレンジについて。  ネットを漁ってたら、偶然遥か昔のフィルムカメラの写真に目が留まった。  コダック社の、"Kodak 35 RF"というカメラだった。  これは、何と言うか、まるで工場とか化学プラントのような雰囲気を持ったカメラだ。 Wikipediaより引用しました  本来なら隠すべきものが見えているような感じで、ある種のセクシーさを感じる。  現代の、樹…

続きを読む

特撮について(の近況)

 特撮について。  と言っても別に特撮映画を作ってる訳でもないので近況もなにもあったモンじゃないのだけれど。  つまり、特撮ファンとしての近況を、ということで。  以前のエントリーの繰り返しになるかもしれぬが許せ。 ---  やはり、ここ何年かウルトラシリーズの新作TVシリーズが基本半年ではあるけれどもコンスタントに放送されてるのは目出度く思っている。  「ウルト…

続きを読む

ギターについて(の近況)

 ギターについて。  一時は毎日最低二時間以上は時間をひねり出して練習していたが、最近は(寒い季節になってきた所為もあって)せいぜい30分程度。練習を休む日もある。  愛用していたギター、 Aria A19C-200N/BK は、ある日ブリッジが壊れた。(;´Д`)  弾いていたか、チューニングしてた時だか忘れてしまったが、突然「バコーン!」という弾けたような音がし、その直後に「パ…

続きを読む

プログラミングについて(の近況)

 プログラミングについて。  自主的にプログラムを組んでいたのだけど、(色々なものの減退に伴い)徐々に時間が少なくなり、今はほとんどやれてない。  仕事の付帯業務としてしょうがなく(主にMS-Accessの保守で)VBAを書く場合があるが、それも多くない。  仕事としてプログラムを書く日はもう戻ってこないのであろうか。冷や飯喰らいに甘んじている自分が悪いとは言え悲しくなる。  や…

続きを読む

小人閑居の候

 久しぶりに更新する。  前回更新したのは去年の7月であったか。  この間、色々(しょーもないことで)忙しかったり、やる気を失ったり…  つまりは、(後から考えると)小さなことでウジウジしてたのです。要するに。(´・ω・`)  今回の再開は長続きするでしょうか。はてさて。 ---  自分の中のコアのようなものが、最近どんな具合なのかを以下に書き記そうかと思ったけど、発…

続きを読む

「脱タブ譜」の第一歩としてのタブ譜マスキングのスゝメ その2

(続きです)  インクが定着しない様子を見ると、上からマーカーを塗っても同じような事になりそうだ。  となると、この上から不透明なテープを貼り付けてみてはどうか。ただ、しっかり貼り付くかは未知数。  ドラフティングテープを二重に貼り付けたらどうかとも思ったけど、ただでさえ分厚いのに余計に分厚くなってしまうし、何よりもったいない。ドラフティングテープはモノが良い分高いのでね。貧乏人は辛い…

続きを読む

「脱タブ譜」の第一歩としてのタブ譜マスキングのスゝメ その1

 ギタリスト(ベーシストもか)なら大体誰でもお世話になってるタブ譜。  ギターには限らないけど弦楽器は押さえる場所と五線譜の音の位置が必ずしも一致しないので読譜が大変なんですよ。  その点ピアノは鍵盤一つ一つが音符に一対一で対応してるので読譜がしやすいったらない(かと言って颯爽とピアノが弾けるかというとそういう訳じゃないのが辛いところであるorz)。  手軽に音を出せると、楽しく練…

続きを読む

自分(とギター)に合った弦を求めて彷徨う その3

(続きです) Medina Artigas ・III MILLENNIUM SERIES 720  近所の楽器屋さんで、クラシックギター弦を物色してたら、見慣れないのがあった。正直初めて見たメーカーだ。  "イエペスが愛用したメーカー!"という惹句を見たら、またぞろミーハー魂が騒いで買ってしまった。  比較的安かったので買いやすかったというのもある。  ま、イエペスが愛用…

続きを読む

自分(とギター)に合った弦を求めて彷徨う その1

 そんなこんなでクラシックギターを練習する日々な訳だ。  相棒である A19C-200N/BK であるが、購入当初に張られていた弦はメーカーも型番も不明だが、高音弦から低音弦まで(程度の差はあれ)ぼよ~んとした感じで、特に3弦が最悪で、門外漢の初心者でもこりゃあかん!と思ってしまう、そんな弦であった。  となれば交換せねばなるまい。  ま、今よりマシな音が出ればそれでいいさ~♪…

続きを読む