【夏の怪奇シリーズ】ガラスコップ輪切り事件

 またも夏の怪奇シリーズである。が、これまたオカルトチックな事は何一つない。  あるのは自然科学だけだ。 ---  先日、横浜の高島屋に「円谷英二の奇跡展」が巡回してきたというので、近所の友人がチケットを回してきてくれた。自分(すなわち筆者)が特撮ファンだと知っての事である。  実を言うとこの間新宿に見に行ったのであるが、高島屋で何やらやってる抽選会?に応募して欲しいと応募券を託…

続きを読む

里帰りとデジ断ちの夏休み (2013年版)

 ご多分に漏れず、先週いっぱい郷里の北海道に帰省した。やはり普段暮らす湘南とは全然違う。  大変過ごしやすかった。  とはいえ毎年この北海道と関東の気候差にやられるのであるが。 ---  今年は久しぶりに函館山まで足を運んでみた。  うっそうと木々が茂って、何とも大層な山のように見えるが、大したことは無い。徒歩でも1~2時間で登れてしまう。地元では小学生が遠足で登る山で…

続きを読む

金星の太陽面通過、見れました (・∀・)

 宇宙 夢とロマン  てっきり6月21日だと思い込んでいて、今日は図書館で勉強しようと休みをとったら2日ほど前に「太陽面通過は6日だよ~ん」とテレビで言ってるのに気づき、これも何かのめぐり合わせ、と慌てて日食グラスを買いに行った。  今回は入手できたわ(;´∀`)  前日の天気予報は、関東地方全域がほぼ一日雨ってな感じ。凹みつつも一縷の望みを胸に当日を迎えた。  朝起きたら、…

続きを読む

一応金環日食見れました (;^ω^)

 宇宙 夢とロマン  夢とロマンを求めて空を見上げる、亦楽しからずや。  しかし、今回は大いに出遅れた。日食観測グラスを買うのをすっかり忘れていて、前日になって慌てて方々探したがどこも売り切れ。しょうがないのでダンボール箱とアルミホイルでピンホールを作り、これで観測することにした。  しかし当日の天気予報は曇り。何ということじゃ。半分諦めつつも雲の隙間から太陽が顔を出すかもしれないと、…

続きを読む

月食夜

 昨晩は皆既月食であった。  その晩それが起こると知ったのは、当日の、子供の保育園の発表会の時であった。  舞台転換の時に先生がつなぎにおしゃべりしたり、絵本を読んでくれたりしたのだが、その時に話題にのぼったのである。 ---  おおおおおおお。燃えてきたああああああ。 ( `_ゝ´)フォォー  少し前にも月食が見られるチャンスがあったのだが、その時は天気が悪くて駄目であっ…

続きを読む

湘南のハチドリ

 週末、家族で散歩に出かけた。  近所の小さな公園で一休みしたのだが、子供が公園の花壇の花を引っこ抜いた。 (;^ω^)  慌ててやめさせたのだが、ふと見ると花の間を飛び回っているものがある。  最初はハチかと思った。  が、スズメバチにしては丸っこい感じだし、体色が(オオスズメバチと仮定すれば)黄色っぽくない。  どっちかというとクマンバチっぽいが、にしてはでかい。  …

続きを読む

秋遠足、湘南平 ヽ(´ー`)ノマターリ その5(おまけ)

 この間の遠足ではいっぱい写真や動画を撮ったのだが、自然ものの写真をいくつかピックアップしてみた。  本当はまだあるが、もう随分長いこと酷使してるせいか最近カメラの調子があまりよくなくて、映りが悪いのでこれで勘弁していただきたい(、とカメラのせいにする)。  文章は必要最低限でいきたいが、はてさて。 ---  彼岸花に揚羽蝶  蟷螂  本文とは別アングルでも撮ったが激…

続きを読む

秋遠足、湘南平 ヽ(´ー`)ノマターリ その4

(続きです)  お次はレストハウスの展望台に行ってみる。  展望台のてっぺんは流石に良い眺めだ。  真鶴岬、その向こうに伊豆半島。  大島も見えた。さらにその向こうの島(多分利島)も見えたが写真ではよく分からない。  残念なり。  相模湾方面。  江ノ島、その向こうに三浦半島、さらにその向こうに房総半島まで見えた。  相模川の沖合いが帯状に茶色く見…

続きを読む

秋遠足、湘南平 ヽ(´ー`)ノマターリ その3

(続きです)  てっぺんは東西に細長い形の公園になっていて、東側にテレビ塔、西側にレストハウス(展望台)や駐車場がある。 テレビ塔  レストハウス  駐車場があるということは、我々のように足で登る奇特な人の他に、自動車で遊びに来る人もいるということだ。そりゃそうだね。観光スポットだし。  夜景を見に来るカップルで週末はにぎわうらしい。全然知らなんだ。興味ないからしょうがないな…

続きを読む

秋遠足、湘南平 ヽ(´ー`)ノマターリ その2

(続きです)  ここから本格的に山道になる。  しかし、舗装されてない腐葉土の山道はかえって足に優しい面もある。  しばらく行くと洞穴がいくつもあるところに出た。  八戸横穴群という、古墳時代の墓の跡らしい。 子供たちもこわごわのぞきこむ。  案内板もたてられていた。説明はこの写真を読まれたし。  少し登ると洞穴というより、しっかり岩を削った遺跡らしいのもある。  何…

続きを読む

秋遠足、湘南平 ヽ(´ー`)ノマターリ その1

 ぐっと気候がよくなってきたので連休を利用して家族でハイキングにでかけた。  目的地は湘南平。正式名称は高麗山(こまやま)公園という。  自宅からもそう遠くなく、それほど高い山でもないので子供連れのハイキングにはぴったりだ。  下の子も結構歩くようになったので、試しに行ってみることにした。 ---  東海道線に揺られて大磯へ。  大磯駅には初めて降りたが、長閑な感じで大変…

続きを読む

草花を愛でるもまたをかし

 秋が深まり、涼しくすごしやすくなってきた。まことに結構。  暑いといらいらして、その辺にある草花などにも目をくれる余裕もなくなる。これではいけない。  前にも草花の写真を載せたが、調子にのってまた載せてみることにする。  どうせブログなんてもなあチラ裏よ。  好きなことをやらんでどうする。  これらはまだもう少し暑かった時分に撮った、名も知らぬ花達である。 --- …

続きを読む

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らないけど図鑑にのってるよきっと

 元ネタのファンの方がいたら先に謝っておく。  かなりいい話だったらしいが、全く見てないし、そもそもアニヲタでもないので平気でこういうタイトルをつける。まあ、そんなもんでっしゃろ。 (・∀・) ---  勤務先が田舎なもので、野草を目にする機会は多い。  時として可憐な花を咲かすものもいる。  緑の中に、青い花びらと黄色い雄しべ(雌しべかも)のコントラストが眩しい。…

続きを読む

木曽路をゆく その3

(続きです)  次に向かうは松本市。  国宝・松本城を見物するつもり。  松本駅から松本城までは1kmくらい。周遊バスが駅前から出ているのでそれを利用。  10分ほどで松本城に到着。  天気は相変わらず悪い。ぱらぱらと雨が降ったりやんだり。  それでも城の中に入ってしまえば雨が降ってても大丈夫でしょう…と考えたのが甘かった。  なんと、見物客で長蛇の列。うーむ。…

続きを読む

木曽路をゆく その2

(続きです)  妻籠宿は、これまた山の中ではあるが、馬籠宿ほど傾斜はきつくなく歩きやすかった。  はなももが咲いている。  ここは島崎藤村ゆかりの地でもある。  来るまで知らなかったけど。(;^ω^)  ここにある本陣は代々島崎氏が勤めており、島崎藤村はこの島崎氏の家の出なのであった。  うーむ、全く知らなかった。  まあそれほど藤村に傾倒した訳でもないので知ら…

続きを読む

木曽路をゆく その1

 今年のゴールデンウィークは家族と共に長野県の宿場町をいくつか回り、さらに松本の辺りまで足を伸ばしてみることにした。  ゴールデンウィーク序盤の三連休を活用して、二泊三日の旅である。  まず訪れたのは中山道の宿場町、馬籠宿。  木津川駅からバスで15分ほど。(時間は正確じゃないかもしれない。許されよ)  結構険しい坂道に古い建物が密集している。  思ったよりも観光客がいる。…

続きを読む