展開を待て、期待しながら ―「ウルトラマンゼロ The Movie 超決戦!ベリアル銀河帝国」

画像

 映画「ウルトラマンゼロ The Movie 超決戦!ベリアル銀河帝国」についてあれこれ。

 前回の続きとして、何とか2010年内にうpしようとおもっていたのだけれどもかなわず。
 年末年始は何かと忙しいもんで。サーセンwww

 前回→今回とレビューを書くにあたって、2chや映画情報サイトなどは一切シャットアウトした。
 つまり他人の感想やニュースなどは一切見てない。見たいけど我慢。
 それによって自分の意見に影響を与えるようなことがあってはならぬ。
 それがレビュアーの作品(製作者)に対する礼儀というものである。

---

・格闘アクション
 前作のような肉弾戦(格闘戦)はあまり無かった印象。取っ組み合いはあったけど。

 飛び道具が前作よりも多用されて派手ではあるが、軽いかな。
 軽い、と言っても"蝶のように舞う"的な軽やかさではなく、重みが足りないというか…
 上手く表現できないけど。すまぬ。

 冒頭のダークロプス戦くらいはしっかり格闘をみせて欲しかったかな。
 この辺は今作のアベ監督と前作の坂本監督の考えや嗜好の差なのかもしれない。


・ゼロ
 まず制限事項として、ウルトラ族は別次元の宇宙の太陽ではエネルギー補給ができない。
 そのため、心配性のオヤジ(セブン)がくれたウルトラゼロブレスレットのプラズマスパーク
 エネルギーの力がなければ変身できない。しかしそれも3回まで。なかなか良い緊張感。

 変身するシーンもなかなか。
 ランのブレスレットからウルトラゼロアイが飛び出してきてそれを目にあてる。
 変身して現れた時のポーズまでオヤジと同じなのがニヤリとさせる。


・ウルティメイトフォースゼロ
 ウルトラ族ではない新たな仲間、グレンファイヤー・ミラーナイト・ジャンボットの3人。
 ("人"で数えていいのかどうか分からんが、まあよしとする)
 それぞれ昔の円谷プロ製作の特撮ヒーローがモチーフになっている。全く原型を止めてないが、正直元ネタのデザインは前から「う~ん…」と思っていたのでちょっとほっとした。(;^ω^)

 微妙に電王のタロスズを連想させるキャラ付けだが、分かりやすくキャラを付けると自然にそうなってしまうのだろう。だからそれに関しては特に何とも思わぬ。電王嫌いじゃないし。

 グレンファイヤーが全身を燃え上がらせるところで、頭がライオンに見えた。案外その辺からモチーフを持ってきているのかも。顔の模様が目のようになっているところが、元ネタ(ファイヤーマン)のでかい目を彷彿とさせる(ホンマかいな)。
 髪(?)を掻き上げるとボボッと炎が上がるのが芸細である。


・カイザーベリアル→アークベリアル
 ベリアルの悪さは大変よろしい。また、前作同様声(宮迫さん)もはまってた。

 アークベリアルに変身するところは、やばいクスリをオーバードーズするような感じで、やっちゃいけない感がぷんぷん出ておりこれも大変よろしい。
 アークベリアルのデザインもまたなかなか良いんじゃないでしょうか。子供のクリスマスプレゼント用と言い訳して玩具を買えばよかった。くそう。

 ゼロと(カイザー)ベリアルの闘いはちょっと物足りなかったかな。
 これも監督の考えの差かもしれないが、もうちょっと格闘してほしかった。
 どちらもウルトラ族であるので、光線は最後の最後にとっておいて、充分格闘を見せてほしかった。

 逆にアークベリアルに変身してからはかなりいい感じ。
 これくらい大きな力の差があると、(光線などの)超能力が生きてくるというもの。
 ウルトラ戦士が握りつぶされそうになるというのは結構新鮮かもね。


・その他もろもろ、思ったことなど
 ベリアル銀河帝国の面々は、レギオノイドやダークロプスは当然だが、幹部二人も何となくメカっぽい印象でちょっとイマイチかな。
 もうちょっとナマモノ感が欲しかったのは私がただの懐古主義者だから、というそれだけではない(はず)。

 帝国軍の宇宙船もちょっと出すぎじゃないかなあ。
 宇宙船を使うのは等身大の宇宙人、という刷り込みがあるのかどうかは分からないが違和感あり。

 ZAPスペーシー(ペンドラゴン)が出てこないだけで、これだけヒーロー色が強まるとは思ってなかった。
 相対的にSF色が弱まっている。SF好きとしてはちょっと不満。

 あと、重箱の隅をつつくような意見ではあるが、ひとつだけ。
 ウルティメイトフォースゼロが揃って、一列に並んで見得を切る場面があるのだが、何もない宇宙空間に明らかに立っているのはどうかと…。せめてここだけでもワイヤーで吊ってほしかったところ。
 OVのラストシーンで、ゼロがスペースペンドラゴンを見送るシーンは宇宙(無重力)感が出ていて大変良かったと思う。あんな感じにできなかったのかなあ。あそこは残念じゃ。
 これは事前の予告映像でも出ていたのだが、てっきり宣伝用と思ってたら本編でもそうだったという…。

 前回も書いたけど、詰め込みすぎで全体的に粗くなってしまったのは否定できないと思う。
 もっとビジュアルで説明してほしいところをナレーション一発で済ませてしまったり、逆に一言説明が欲しいところにナレーションも字幕も入らなかったりというのはやはりいただけないかな。
 ジャンボットとミラーナイトはエメラナ姫を置いてゼロと旅立って良いのか?という疑問も浮かんだ。
 そこも何かしらフォローがあったら良かったと思う。

---

 あー、何か読み返してみるとネガティブな意見・感想が多くなってしまった気がする。
 しかし、今回の作品は見るに値しない作品であると言っている訳では断じてない

 これらはよりよい作品を作って欲しいという、純粋な一ファンの叫びなのである。
 上げ足とりのツッコミとは訳が違う。
 そこにあるのはリスペクトなのだからして。

 とにかく主題は提示された。
 次は、その主題をどう膨らませていくのか。
 つまり来年冬公開の次作は、謂わば展開部ということになる(と勝手に期待している)。

 来年の冬を今から待つことにしよう。
 よりパワーアップしたゼロ、そしてウルティメイトフォースゼロを。
 (おお、なんかかっこいい引きだ)

---

 散々書き散らしたが、他にも書き漏らしているのがある気がする。
 しかし、一旦ここで一区切りとしてうpすることにする。
 思い切ってそうしないといつまでたってもうpできないから。

 まあ思い立ったらぼちぼち書きまっさ。
 あんじょうよろしゅう頼んます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック