語彙増加(というかよみがえり?)作戦決行中 その1

 またサザエさんネタで恐縮だが、こんな話があった。
 サザエさん(波平さんだったかも)が家の外で畳を掃除していると、外国人が通りかかり、サザエさんにペらペら話しかける。
 サザエさん、訳もわからず「イエース、イエース」と答えてたら、最終的にその外国人に畳を持っていかれてしまう。

---

 英語を勉強するに当たって文法知識と語彙の充実は決しておろそかにできないポイントである。
 人によっては、リスニングやスピーキングが大事だと言うかもしれない。
 もちろんそれは正しい。全く否定する気はない。

 しかし英文法を学ぶことは近道を得ることだ。
 語彙の拡充は表現の幅が広がるし、相手の言ってることをより正確に理解できる手助けになる。
 そもそも自分が言いたいことが英語で何というのか分からないのではコミュニケーションをとりようがないではないか。一方通行なのはコミュニケーションとは言わない。

---

 てな訳でちょっとした語彙拡充作戦を、もう一月以上継続している。

 通勤は、電車10分+歩き25分という割合で歩き時間の方が長い。
 通勤電車で本を読んで勉強するというのはよく聞く。

 もちろん電車でもやってはいるが、25分の歩き時間がもったいないので、そこでも何かできないか考えてみた。
 通勤電車では文法の本を読んでいるので、歩きは語彙だな(単純)。
 そこで活用することを考えたのが音声教材である。本を読みながら歩いたら危ないではないか。
 だからと言って二宮金次郎の像を撤去するのはどうかと思うがね。

---

 少し前(と言っても一年以上前…)に購入した単語集と、それに対応した別売のCDを所有しているのでこやつらを利用してみることにした。
画像
 「入試英単語の王道2000+50 -改訂版-」(河合出版、2008年)

 一念発起してこれらを購入し、語彙の拡充をはかったのだが、その時はいつしかサボるようになり、すっかりやらなくなってしまった。平たく言えば挫折したということである。

 「高校生用のやつじゃんwwwwレベル低www」とか思われたかもしれないが、冷静に自分のレベルを判断した結果の選択である。

 また、高校生(浪人)が買うものであるから、これに限らず学参系は価格が安い! これは非常に大事である。なにしろ貧乏人であるからして。
 別売CDもあわせて購入しても合計2300円くらいだったと思う。
 タイトルに「TOEIC」とか入ってる本だと下手すると一冊でこれくらいの値段である。

 これのCDの中身は、本に掲載されている順に英単語→(主要な)日本語訳が延々と収録されているだけの、ただ聴くだけだと非常に単調な代物であるが、今回の用途にはちょうどいい。

 逆に変な音が入ってたりするとそっちに気をとられて集中できない。

---

 やることは単純で、このCDをリッピングしてMP3化し、道々聴きながら歩くだけ。
 しかしただ聴くだけだと頭に定着しないのは経験上分かってるので、できるだけ後についてつぶやく(リピーティングというらしい)ようにする。

 だんだん分かってくると、次第に英単語と日本語訳の間に、日本語訳が先回りして頭に浮かんだりつぶやけたりするようになってくる。
 しかし、複数の日本語訳がある場合、そのわずかな間では間に合わない。

 本当に覚えられたかを確認するには、一々英単語の直後に一時停止させて思い出し(もしくはつぶやき)、一時停止を解除して日本語訳を確認する、という手順が必要になる。

 はげしく面倒くさい。

 専用のMP3プレーヤではなく、Willcom03をプレーヤとして使ってるので余計に面倒だ。
 このままだと面倒くささに流されてまた挫折してしまう。 (´・ω・`)

(続きます)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック