行った年来た年

 年が明けた。
 年末年始は半強制的にIT断ち生活を送ったので今年初のエントリーも元旦を外してしまった。ま、そんなこともあるさ。
 今は実家で、使い慣れないノートPCでこれを書いている。
 やはりノートPCにはポイントスティックが無いと使いづらい。タッチパッドを手の平で触ってしまいおかしな動作をさせてしまいがちだし…まあ贅沢は言うまい。
 …あ、あとノートPCにテンキーはいらないと思う… (まだ言ってる)

---

 今年はいい年になればいいなあ…と毎年思う。しかし人間というものは悩める生き物で、なかなか心の底からいい年だった~♪などとあっけらかんとは出来ない。

 昨年たてた目標は見る気もしない。実行できてないことばかりだ。
 まあ高い目標を立てることは悪いことでは無い。それとは別に着実に一歩一歩進んでることが自覚できればいい。

---

 例年子供たちを連れて郷里の北海道に帰る訳だが、今年は聞きしに勝る大雪であった。なんか久々にあんなに積もっているのを見た気がする。大人の背丈以上に雪が積まれている。

 実家の窓から外を眺めると、海から湯気(というのかよくわからないけど)がたっている。
画像
 うーん、すげえなあ。今年は寒いなあ。
 毎年、「今年は雪が少ない」とか聞くとちょっぴり寂しい気持ちになるが、いざ大雪になると若干うっとおしい。勝手なものであるな。

 ということで、専ら家に閉じこもり、テレビを観たり漫画を読んだりしてしまう。
 実家には漫画がたくさんあるのだが、それは弟が自宅に収まりきらなくなった本を定期的に送ってくるためである。当の弟本人はコミケに参加(出店)するために今年は帰ってこない。

 実家はWOWOWに加入しているので、朝からハイビジョンリマスター版のウルトラセブンを楽しんだ。さすがのハイビジョンリマスターでもピンが甘いのはいかんともしがたかったようだ。
 改めて見てみると、やっぱりSF色が強すぎてメインターゲットであった(はず)の子供には難しくなってしまった感じはする。
 うーん、惜しい。日本ではまだまだ「SFは子供向け」な意識が強い。特撮=ヒーロー物となってしまうのも残念。ぶっちゃけ東映が悪いと思う(恨み節)。

 そういう観点からも、ついに今月12日から放送開始となる「ネオ・ウルトラQ」には期待している。
 我が家の財政からするとWOWOWに加入することはできないので、実家で録画をお願いすることにした。前日11日に放送される円谷英二氏のドキュメンタリーも一緒に。

 第一話は無料放送してくれるとのことなので、それはそれとしてありがたく見させてもらうわ。

---

 それと、今朝は正月編成で「ウルトラマン列伝」の放送があった。
 時間がずれたとはいえ正月から放送されるというのはまだまだ期待されてると言えるんでないかい。
 一プロダクションとは言っても、円谷プロには50年特撮をやり続けてきた積み重ねがある。
 ひとつづつ積み重ねる。とても大事だね。

 おーし、今年もまた積み重ねていくぜ~♪
 したっけ~ ノシ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック