Konica C35 E&L(その3)

(続きです)  そんなこんなでE&Lを愛用しておる訳なのだけども、そこは所詮ジャンク箱にあったのをレストアしたブツであり、これまで使ってきた上で全く問題なしの順風満帆!という訳では決して無かった。  でもそういったトラブルについて記すのも決して無駄ではなかろうと思うので思い出せる範囲で書いておこう。  E&Lを入手してはみたもののトラブって困ってる人もあろう。拙稿が問題解決のヒ…

続きを読む

Konica C35 E&L(その2)

(続きです) ・まずはE&Lについておさらい  E&Lの取説から抜粋して示そうかと思ったけど、E&L単独の取説というものは無く、同時期に発売されたC35フラッシュマチックと共用となっている。比較も兼ねてそのまま画像として出しちゃおう。ケンコートキナーさんのWEBページからダウンロード出来ます。  まずは各部(外観)を確認。フラッシュマチックは機能的には初代C35とほぼ同じと…

続きを読む

Konica C35 E&L(その1)

 コニカと言えばまずC35が思い浮かぶ御仁は多かろう。  コンパクトフィルムカメラの嚆矢であり傑作。コンパクトで写りが良いということで大ヒットしたカメラなんですなあ。  (きちんと動くコンディションならば)フィルムカメラの初心者にも大いに勧められる、コニカ一番の名機と言っても過言ではないのであります。 ・どんなカメラ?  日本のカメラ史でも相当にエポックメイキングなカメラであるし、有…

続きを読む

やっぱりポエムはワイには無理

 ツイッターには画像を投稿する機能があるので当然自分で撮った写真をツイートする人は沢山いる訳だ。  ポエム(詩にあらず)みたいな意味があるのかないのかよく分からない文章が、何となくホワンとした写りや色の写真と共にツイートされてたりするのがよく分からない。  試しにちょっとやってみようかとも思ったけど、これが意外と難しい(;^ω^)  昔誰かが書いたラブレターを書き直しているみたいで、書…

続きを読む

Konica AutoreflexT3 (その4)

(続きです)  どうやら無事撮れるようになったは良いけど、おそろしく歩留まりが悪いではないか。  ぶっちゃけ先述の(二本目の)フィルム、良い感じのコマは全体の1/3ほどであった。(ノ∀`)アチャー  例えば、やたらと被写界深度が浅い写真が多かった。これはシャッタースピードを上げすぎて絞りが開放近くまで開いてしまったためだ。  正直撮るので精一杯で絞りがどうとかシャッタースピードが…

続きを読む

Konica AutoreflexT3 (その3)

(続きです)  そんなこんなでT3くん、富士フイルムの業務記録用ISO100(24枚撮り)を詰められて初陣と相成ったのでござる。  初めての35mmフィルムの一眼レフ。カメラの操作はもちろんレンズの操作も探り探り試写を行った。  最初は探りながらだったけれども、すぐ楽しくなって調子に乗り、色々迂闊なことをしながらも(シャッタースピードが適当だったり、AEにし忘れてたり…)あっと言う…

続きを読む

Konica AutoreflexT3 (その2)

(続きです)  Konica AutoreflexT3 についてのスペックや特徴などは他になんぼでも解説したページがあるので詳しくは書かない(ぶっちゃけめんどくさい)が、あまりに素っ気無さ過ぎる気もするので取扱説明書の「主な性能」のページのキャプチャでお茶を濁しておく。 ※取扱説明書のダウンロードはこちら。全部ではないけどコニカとミノルタのフィルムカメラの取扱説明書PDFがダウン…

続きを読む

Konica AutoreflexT3 (その1)

 コニカのレンジファインダーカメラ(KonicaSIII、C35E&L)を使ってみたらコニカのレンズ(ヘキサノン)がすっかり気に入ってしまった。 KonicaSIII, 富士フイルム業務記録用ISO100(ファーストロール) Konica C35 E&L, 富士フイルム業務記録用ISO100 (ファーストロール)  ぶっちゃけこの時分は画が良いとか悪いとかには無頓着だった……

続きを読む

Weekly TodaysPhoto(模索中) その2

(続きです)  うーん、やっぱり面倒だよね。('A`)  一々コピペして、画像まで用意してっていうのは、数が少なければまだしも、一週間分は意外と多いということが分かった今となってはか~な~り面倒だ。  Pythonか何かでスクレイピングツールを作る、というのも悪くはないか…。もしくはTwitter API でツイートを取得するか…?  どちらも初めてやることなので技術的好奇心をそ…

続きを読む

Weekly TodaysPhoto (模索中)

 昨日リリースした記事はあまりにも見づらいと思う。もうちょっと模索したい。  まず、ツイートを埋め込むのは止めた方が良さそうだ。  大きさや形、フォント等が変えられず場所を喰う割には大して見やすくない。写真もさほど大きくないし。  そこで、試しにツイッターに上げてる写真を直リンクして表示して、キャプションを付けてみることにする。また元ツイへもリンクさせてみる。 Konica …

続きを読む

Weekly TodaysPhoto 0729 - 0804

 ツイッターに誰にも省みられぬ写真を細々とアップしているが、ツイッターだと自分の写真を改めて見直すのがしづらいのが残念なところ。  自分の写真を見直すというのは、(ノ∀`)アチャー となる部分はあるが、イマイチと思っていた点が良く見えたり、良いと思ってた点がイマイチに感じたりと、時間の経過によって自分の感性の変化を感じられて面白い部分もある。  そこでひとまず1週間分ずつ、アップした写真をブ…

続きを読む

あの日歩いた海

 湘南のイメージと言えばやはり海でしょう。もちろん海から離れた所も湘南と名乗ってたりする訳ですが。  一応湘南に住んでいるという事にしてはいますが、我が家もいささか海まで距離はあります。とは言え海からの風が通る所為か比較的夏も過ごしやすく、良い場所に住む事が出来たと日々感謝しております。  さて、先日子供の学校で行事がありましたので行ってきました。  行事としては授業参観ですが、途中で…

続きを読む

やっと夏が来た?

 ここのところカラリと晴れた空とは無縁だった湘南も、今日は青空が顔を出しました。  ジメジメした気候や低気圧は心にも重くのしかかってくるのは確かなようでどうにも調子が出ない日々を過ごしていたのですが、青空が見え日が差して明るくなってくると、気持ちも段々と軽くなってきたようではあります。もちろんプラシーボ効果のようなものもあるとは思いますがそれでも気持ちが軽くなるのは良いものです。  明る…

続きを読む

TodaysPhoto、一年続いた。(・∀・)イイネ!!

 ツイッターに(ほぼ)毎日写真を上げて、気付いたら一年過ぎていた。  メモによると、7月から上げはじめたみたい。なので正確には一年と半月だ。  6月の末からだと思ってたらまちがいでした。(ノ∀`)アチャー #TodaysPhoto #本日の写真NEX-C3 with Cosina 28-200mm pic.twitter.com/gD93rclZc2— kengpong (…

続きを読む

違う世界の出来事

 SIGMA と言うとレンズメーカーのイメージだったのだけど、意外とカメラも作ってる会社なのであった。  昨日(7/11)プレスリリースされた、「SIGMA fp」 なるミラーレス一眼。  小型のボディに35mmフルサイズの2460万画素センサーを搭載し、拡張性もあるという、まさにカメラ好きがカメラ好きのために作った!という感じでワクワクが止まらない!という感じである。 世界最小・…

続きを読む

"カメ" トーーク! (或いはカメラと写真についての四方山話)

 さて、写真を趣味と定めてそこそこの月日が経った訳だ。  その間ブログを更新することはできなかったけど、写真自体は継続できていた。  喜び勇んで使っていた minolta 110 ZOOM SLR MarkII (以下110ズーム2)が一昨年の年末くらいに調子が悪くなってしまい、メンテナンスしなくちゃな~と思いつつ、ず~っとほったらかしになっていた。結局復活したのは昨年10月頃。その後一…

続きを読む

まずはシャッター切れ、次にシャッター切って、さらにシャッター切れ

 やっぱ写真は実践やねん。シャッター切ってナンボやねん。  失敗写真を恐れたらアカン。失敗した時こそ貴重な学びのチャンスやねん。  特にな、フィルムだとその場で撮れたかどうか分からんやろ、だからこそ一発のレリーズに色んなモンが乗っかんねん。  それにな、フィルムは現像にもカネがかかんねん。失敗したら痛いやろ、財布を直撃や。  でもな、だからこそ身に沁みんねん。身銭切るちうのが一番沁み…

続きを読む

ものくろーむ・いんびてーしょん

 モノクローム、略してモノクロ。黒白写真というやつです。  ダゲールさんが写真を発明した19世紀(今年で180周年!)ならともかく、21世紀になってもまだモノクロ写真があるというのは信じられないという人も多いでしょう。私もそうでした。  それ以前に、未だにフィルムで写真を撮ってんのかい?!と驚く人の方が多いですが。  まあ確かに現在はデジタル写真が主流ですし、カメラが無くても電話(スマ…

続きを読む

新しいチャレンジについて。

 新しいチャレンジについて。  ネットを漁ってたら、偶然遥か昔のフィルムカメラの写真に目が留まった。  コダック社の、"Kodak 35 RF"というカメラだった。  これは、何と言うか、まるで工場とか化学プラントのような雰囲気を持ったカメラだ。 Wikipediaより引用しました  本来なら隠すべきものが見えているような感じで、ある種のセクシーさを感じる。  現代の、樹…

続きを読む